ブランドファッションに身を包むブラック

fassyo

私は若い時にはかなり浪費家で、お金はあるがあるだけ使っていました。

特にファッションに興味があり、服や靴など欲しいと我慢ができなくなってしまうのです。

だんだんと靴や鞄はハイブランドじゃないと恥ずかしいと思うようになってきて、収入は普通のOLと変わらないのに高いものを買うのが当たり前になってきました。

そうなると当然、お金が足りなくなってきます。しかし私はそれでも買い物をやめることが出来ず、消費者金融でお金を借りることになりました。

最初の申し込みの時は後ろめたいところがありましたが、一度カードを作ると、自分の口座からお金を下ろすような感覚でお金が借りれるので、お金が足りなくなる度にキャッシングをしていました。

しかしある日なんとなく、自分は今、いくらくらい借りているのだろうと確認をした時に、あまりの金額に恐ろしいことになりました。

返済は口座からの自動引き落としで少しずつ返していたのですが、それ以上に借りていたので意味のない状態です。

私はこのままキャッシングをし続けていると、とんでもないことになると思い、とにかくお金を借りることをやめました。

大好きだったファッションもハイブランドからファストファッションになり、出来るだけ毎月多くの返済ができるようにしました。

先日、なんとか返済が終わり、私はカードにハサミを入れて、二度とこのようなことはないようにしようと誓ったのでした。

このページの先頭へ